忍者ブログ


飾らずとも美しき。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



テニスの王子様 夢小説

あかや夢かいたよ。
微妙だからきをつけてください。

名前は朔夜ちゃんになってます。

ヒロインちゃんはかわいいですよー










































「赤也…」


微かに揺れる声が俺を呼ぶ。
心細そうに、頼りない。
不安定な声は確かに朔夜のものだった。

自分の傍にいることを許した
ただ1人の人間。


「何?」


朔夜を見ると、両ひざを抱え込んで、顔を伏せて。
小さい体が余計に小さくみえた。


「朔夜、どうした?」

「……。」


何も言わない朔夜に今度は優しい声で問い掛けた。
そんな俺とは裏腹に
朔夜は顔さえ上げない。

困惑と、朔夜の愛らしさにため息がでる。
これが朔夜じゃなければ、とっくにキレてるところなのに。


「な、朔夜?」

「……。」

「返事しろよ」

「赤也…」

「どうしたんだよ?」

「ぎゅー…して?」

「……朔夜」


理解するのに数秒かかった。
それでも、朔夜の目に涙が溜まってることに気付いたら
薄らに浮かんだ拒む気持ちなど、さっぱり消え失せた。


両腕を広げると、朔夜は一瞬の戸惑いの後
ふわり、と寄り添ってきた。


小さな背中に手を伸ばすと、朔夜の肩の力が抜けていくのがわかった。

「何かあったのかよ?」

些細な変化を感じ取ってたずねると、朔夜は
小さく首を横に振った。


「別にっ!」

「別にって、じゃあ何なんだよ」

いらだちの表れた言葉とは裏腹に
朔夜を抱く腕は優しかった。


「…言わない!」

「言ってよ」

「やだっ」

「言って」

「いや」

「言え」

「いーや」

「………あ、かまってほしかったんだ?」

「ちっ、違うよ!」

「ふーん。素直に言えばいいのに。」

「……かまって」

「りょーかい」


俺は朔夜を抱く腕の力を強めて、朔夜にキスをした。

「…っ……ん」

「可愛い…」

「ぁっ…」

ときどき、唇を離すと
可愛く鳴く朔夜。

俺は苦しくなるほど朔夜にキスを続けた。


何をため込んでたか知らないけど、だんだん笑顔になる朔夜にほっとした。

2人で声を上げて笑い、強く抱きしめ合った。

「赤也っ!」


再び俺を呼んだ声には微かな揺れも震えもなかった。

「何?」

「赤也っ、赤也!」

「なんだよ?」

「だーいすき!」

「はいはい。」



愛しさを感じない時なんてない。

あんたがどんな不安をもっていたか知らないけど、
忘れるなよ。

俺は、いつでも手を伸ばせば
届くところにいるってこと。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダースの犬
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーナー
バーナー
リンクして下さる方はお持ち帰りしてください。
おすすめサイト’s
ゲキレンジャー
ランキング参加中
ランキングオンライン
newなコメントさん
[11/13 女士精品]
[04/07 優]
[04/07 芽護]
[04/05 葵山瑛夢]
[04/02 鳴海]
[04/02 萌愛(*○'3`)ノ★+゜]
[03/31 鳴海]
[03/28 ゆま]
[03/25 絢香]
[03/25 鳴海]
[03/25 鳴海]
[03/25 鳴海]
[03/24 悠姫]
[03/21 絢香]
[03/20 椿姫]
QRコードちゃん
newな記事
(03/17)
(02/18)
(10/13)
(10/08)
(07/27)
ブログ検索
しゅ類
忍者ブログ [PR]
  Designed by A.com